坐骨神経痛

本日もブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

つながりの杜整体院 院長の奥田です。

 

こんな症状でお困りではないでしょうか?

☑同じ姿勢でいると足がしびれてくる

☑お尻から足にかけて痛くなるので長時間歩けない

☑前かがみが辛い

☑腰も痛いけど、最近足の方まで痛くなった

など

坐骨神経痛の症状ですが、

簡単に坐骨神経痛についてお話します。

「坐骨神経痛」の画像検索結果

 

坐骨神経痛の症状

 

実は坐骨神経痛って病名ではなく症状名なんです。

 

何らかの原因で坐骨神経が圧迫されたり、刺激を受けるとお尻から足先にかけてシビレや痛みが出る事を坐骨神経痛といいます。

重度の症状になると歩行障害や排便排尿障害など症状が出る場合もあります。

シビレ、痛みの特徴は坐骨神経の通っているラインに沿って発症します。

両方の下肢に症状が出る事は稀で、片方に症状が出る事がほとんどです。

 

原因は脊柱管狭窄症、腰椎分離症、梨状筋症候群など他にもたくさん原因はありますが、ほとんどの原因が腰椎椎間板ヘルニアと言われています。

 

予防としては色々ありますが、坐骨神経痛になる方のほとんどが、

 

長時間の座り作業の方、立ち仕事の方が多いです。

 

つまり、姿勢や重心のかけ方で大分負担が変わってきます。

 

当院がよくオススメしているのは、ふくらはぎのケアです。

 

ふくらはぎが疲れていたり、滞りがあると、

 

立ち仕事では土台が不安定になり、しっかり身体を支える事が出来なくなり

 

身体の歪みにつながります。

 

座り仕事では、ふくらはぎは心臓から一番離れているため、動きがないと

 

血液をしっかり送り出す事が出来ず、全身の血行がわるくなる事で座っている時に

 

一番動きを制限される腰部周囲の筋組織に負担がかかるのです。

 

ふくらはぎのケアは色々ありますが、マッサージでもストレッチでも

自分のやりやすい方法で行なってみてください。

 

それでも辛い場合はお問合せ下さいね‼