片麻痺の患者様の医療用足底板(オーソティックス)治療の症例

最近、足底板を処方させて頂いた患者様の中でも効果が早く、症状が劇的に改善されたので紹介させて頂きます。

患者様は以前、脳梗塞を患い片麻痺の後遺症のある方です。どうしても身体のバランスが崩れてしまうので足、膝、腰だけでは留まらず五十肩などの症状もありました。

左の片麻痺を庇うように歩行するため右足の負担が増え、結果、足を診るとアーチがほぼ無くなった状態に見えます。足を支える為に必要な後脛骨筋がほとんど機能しておりませんでしたので医療用足底板をご提案させて頂きました。

結果、痛みは若干残っておりますが膝の炎症や足の緊張、むくみもほとんど改善され、右肩の五十肩も治りました。本当にうれしかったです。

ただ同時にもっと早く処方すればここまで悪化する事はなかったのにと、もっと早い段階で処方を勧めなかった事に反省もしております。

悪くなってしまった体を治療をしても対処療法に成りがちです。

また手術などになると高額な医療費もかかります。

なるべく予防を大事に治療をしていきたいです。