奥田
つながりの(旧かみえど)杜整体院は重度の膝痛や外反・内反母趾など足に特化した整体院です。

ブログ

足底筋膜炎とは|岐阜県可児市御嵩町にある足の専門家のいる整体院

更新日:

足底筋膜炎で通院しているあなたへ

 

「足の裏をストレッチして下さい」「クッション性のある靴を履いて下さい」と病院の先生に言われませんでしたか?

もしくは接骨院で足の裏をマッサージしてもらっていませんか?

実はそんな事をしても、偶然治る事はあっても根本的に治る事はないでしょう。

 

ほとんどの場合、逆に悪化している事が多いです。

 

【足底筋膜炎】とは?

足底筋膜炎とは簡単に言ってしまえば足裏が痛くなる事で、土踏まずのカカトに近い部分が痛くなる事が多いです。

発症しやすい方として40~50歳代の立ち仕事の多い方、若い方であれば、スポーツ選手など足を酷使している方です。

足趾の付け根からカカトの骨の土踏まず側の部分までに張り巡らされた足底筋膜(密度が高く、かなり丈夫な腱、筋膜などの帯状の結合組織)があり、足底筋膜は足裏の土踏まずをつくったり歩いたり走ったり、ジャンプなどする際に、強靭なバネの力を発揮したり、地面からの衝撃を吸収する役割をしています。

しかし何らかの原因で、足底筋膜の柔軟性がなくなったり、上手く機能しなくなる事で腱、筋膜や腱、膜付着部に過剰な負担がかかったり疲労が蓄積して組織が損傷し、足を着くと痛む症状です。

また酷くなるとカカトの内側(アーチ側の腱付着部)が継続的に引っ張られるなど負担がかかり骨棘といって骨のトゲが出来てしまいます。ここまで進行すると手術なども必要になります。

(骨棘とはケガをして骨に傷ついたり(骨折、脱臼、捻挫など)、あるいは継続的に骨の何らかの負担、刺激が加わると骨はその傷ついた部分や刺激に対して丈夫にしようと働くため、部分的に骨が増殖したり、負担のかかっている軟部組織が肥大し、骨化する事によって【骨のとげ 】みたいなものが出来る事です。

ほとんどの場合、関節面の辺りにできる事が多く、代表的な病名でいうと変形性関節症などが挙げられます。

しかし骨棘が出来ても、直接痛みの原因にならない場合も多いです。

 

【足底筋膜炎】で当院に来院される方の特徴

 

1、40~50歳代の長時間の立ち仕事が多い方

 

2、スポーツ活動で足をかなり酷使している運動選手

 

2、偏平足もしくは反対に足の甲が高くて、足がすぐ疲れやすい方

 

3、 ぺったんこな靴、ヒールの高い靴、長靴、安全靴など特殊な靴をよく履いている方

 

4、足の裏によく胼胝やウオノメが出来る方

 

5、靴を買い替えず、ヨレヨレにくたびれた同じ靴をずっと履き続ける方

 

6、日常生活で前かがみが多い方

 

7、最近、体重が増えてきた方

 

 

【足底筋膜炎】になりやすい原因とは?

 

その1 靴の問題

足底筋膜炎の原因として一つ目は靴です。どのような靴が原因になるのかご説明します。

 

1、靴のサイズが合っていない

外反母趾の方のための靴に多いですが、足指の付け根が当たらないように横幅を大きくした靴です。

足が痛いとつい大きめのサイズの靴を買ってしまいがちですが実は自分の足よりサイズの大きい靴はかえって足を不安定にします。

そしてさらに足の横幅が広がり開帳足、扁平足を進行させ、症状の悪化につながります。

 

2、カカト部分を指で押すとすぐ潰れてしまうぐらい柔らかい靴

歩行の際、最初に地面に付くのがカカトですよね。もう少し詳しく説明すると、カカトのやや外側が地面に着き、そのまま外側アーチ(足のやや外側)を通過しながら、足の小指(小趾球)に体重移動します。

その後、横アーチ(足趾の付け根の並び)を通過して足の親指(母趾球)たどり着き、しっかり踏み込んで蹴り出すという力強い歩行が出来ます。

しかし靴のカカト部分が柔らか過ぎる事によって、しっかりカカトを地面に着こうとしても不安定になり、本来の動きをする事が困難になります。

カカトが着いた時点で歩行中の体重移動の道のりが決まってしまうため、カカトをしっかり固定するという事はとても重要なのです。

靴のカカトが収まる部分(ヒールカウンター)を指で強めにつまんでもここが潰れない丈夫な素材でカカトをしっかり包み込むような構造になっているものがよいです。

 

3、靴の素材が柔らかく軽い、そしてクッション性が高い

本来、足には強さと柔軟さ、そして高性能のクッション性を兼ね備えています。

その機能はしっかり地面を踏ん張る時に発揮します。

ところが、履いている靴がそもそもやわらか過ぎてしまうとしっかり機能を使う事が出来ません。

例を挙げるなら、海の砂浜など柔らかい所を力いっぱい走っても踏ん張りが効かない経験をした事はないでしょうか?

柔らかい靴を履いて歩いていても同じ状況を生み出すのです。

そして足の機能も感覚もどんどん衰えていくので、健康的な足の骨格を保持する事が難しくなり、足の変形につながってしまいます。

靴の真ん中からカカト部分まで(シャンク)をを捻ってみてください。すぐに捻じれてしまう靴は柔らか過ぎです。ある程度の硬くしっかりした靴を選んで下さい。

4、へたって片減りした靴

足底筋膜炎の痛みで来院される方はそうですが、適切な治療を受けたとしても、足底筋膜炎なった生活環境も変えなければ再発してしまいます。

特に、足に直接関わってくるのは靴の環境です。

体のバランスが施術によって改善されて来ても、以前、足底筋膜炎になってしまった時に履いていた靴にも悪いクセが付いているので靴も良いものに買い替える必要があります。

 

 

 

その2 加齢による足裏の柔軟性、機能の低下、足にトラブルがある

靴の問題と大きく関わる問題でもありますが、足自体にトラブルを抱えている事です。それは足のアライメント異常で「オーバープロネーション(過剰回内)」です。

このような足の方はカカト周囲の関節の可動域が動き過ぎるため、そのまま放っておくとつま先側の部分が広がってしまいます。(偏平足、開帳足と言います)

足を地面についた際に、本来であれば足の親指の付け根(母趾球)でしっかり地面を蹴り出しますが、開帳足の場合、足の筋、腱、骨格の構造上、それが出来なくなり力強く蹴り出せなくなるので足底筋膜に過剰なストレスがかかったり、横幅が広くなると母趾は外側方向、小趾は内側方向に向いてしまいます。

外反母趾、内反小趾の原因にもなります。

オーバープロネーション(過剰回内)の足での運動時の負担については、歩行、走行の蹴り出しの時にカカトのやや外側ではなく、やや内側が最初に地面に着地するため、蹴り出しが母趾ではなく小趾球で蹴り出す事になるため、足の小指の先や付け根の辺りに胼胝やウオノメが出来ている事が多いです。

また加齢と共にとても丈夫な足底筋膜も古いゴム製品のようにひび割れ易くなります。

他にも足の骨格を安定させている靭帯や筋、腱を弱化し、継続的にかかる負担に対してアーチ(土踏まず)の形成を維持する事が難しくなります。

これが40~50歳代の方が急な運動をしたり、長時間の立ち仕事で足底筋膜炎を発症しやすい理由です。

 

その3 生活習慣

生活習慣も足底筋膜炎の原因になります。

工場など地面の硬い場所で安全靴のように足に負担がかかる靴を履いて長時間の立ち仕事は原因になる事は当たり前ですが、普段、座りっぱなしでデスクワークが多い方など、仕事中などで猫背になっている方や運動など体を動かす事が少ないと体に歪みを発生させ、運動不足で下肢の筋肉が衰えてしまう事や、座りっぱなしで足首を動かさないため、足首周囲の関節や腱が硬くなってしまい、そのままで歩行する事で正常に足が機能せず、足底筋膜炎の原因につながります。

体が歪んだまま運動をする事で、その歪んだ体を足が支えなければならないので、当然ですが足の負担が増えるのです。

 

現代の若い人たちは足底筋膜炎になりやすい

 

現代の若い世代の方は足の関節が硬いため、上手く足が機能しません。その代償として足裏の足底筋膜に負担がかかってしまうためです。

 

なぜ、足首が硬くなってしまったのか?

若い世代の方々にお聞きしたいですが、和式トイレって使った事ありますか?

もし使った事があったとしてもそんなに多くはないと思います。何が言いたいのかと言うと、和式トイレの際にかがみますが、今の若い世代の方はその姿勢をとる事が出来なくなっています。

おそらく、つま先立ちでならば出来ると思いますが、カカトをしっかりつけてではどうでしょうか?きっと足が痛くて出来ない方は多いです。

当院に来る若い方々でも半分くらいの方が出来ません。

次に正座は出来ますでしょうか?和式トイレ同様、正座をする事もほとんどなくなってしまったため、正座が出来ない方も以前よりかなり増えました。

現代は昔と比べ安全性を重視し過ぎたため子供達の足がしっかり育つ環境ではないのです。外を一歩出た瞬間から地球本来の地面を踏む事ってあるでしょうか?

ほとんどが人口的に舗装された平坦な道ばかりです。

昔は凸凹道や原っぱも多く、足にとってとても良い環境でした。

そして教育の場では正座は足に悪いなどという事から正座をさせなくなったり、便利性や体の負担を避けるため和式トイレもほとんどなくなってしまいました。

今の子供達には大人が意識的に足を使うような環境を経験させたりなどして足が健康に育つための努力は必ず必要です。

 

【足底筋膜炎】の間違いだらけの対処療法

 

1、よく多いですが、足の裏が痛いからといって衝撃吸収性が高い、とても柔らかい靴や柔らか過ぎる中敷き(インソール)です。

足裏が痛い→足裏を柔らかく保護すれば良い という一般常識的な事が当たり前になっていますが、大間違いです。

柔らかい素材の靴やインソールは反対に足の骨格が崩れやすくなったり、症状を悪化させる原因になります。靴やインソール選びは、足の専門家のいる所で相談するといいでしょう。

 

2、足底筋膜炎は足裏の柔軟性が原因だから足の裏をマッサージしたりストレッチすれば良いという大間違いです。

足裏の足底筋膜は様々な衝撃から身体のバランスを保つために強靭に作られています。

強く硬くないといけない足裏をむやみにマッサージやストレッチをするという事は足底筋膜の機能低下につながります。

当院に足底筋膜炎で来院される方の多くは以前、整形外科のリハビリや接骨院などで足裏をマッサージやストレッチしてもらっていたと言われます。

でもそれでは症状の改善は難しいです。

 

今すぐ出来る【足底筋膜炎】の予防方法

 

その1 適切な靴を履きましょう

 

足底筋膜炎の方に合う靴選びと正しい靴の履き方は?

 

1、横幅が広過ぎず、狭過ぎずの靴を選ぶ。そして出来れば紐の靴を購入してください。

横幅の広い靴が良いという先生もいらっしゃいますが、実は反対です。

アーチ(土踏まずの高さ)が減少して症状が悪化しているのですから幅の広い靴はかえって痛みを誘発するとと共に、、足底筋膜炎をさらに悪化させます。

だからと言って狭過ぎもいけません。適度な心地よい圧迫感のある靴を選んで下さい。

 

2、靴の紐を毎回締め直しましょう。

紐を緩めにして靴を履きなさいという先生がいますが、全く違います。

もちろん締め過ぎはいけませんが緩いのは歩行時に靴の中で足を不安定にさせ、足底筋膜炎を悪化させます。

ほとんど方が靴紐を締め直す事はほとんどなく靴を脱ぎ履きしています。

靴紐を締め直すほど体は健康になれると私は認識しています。

実際に患者様にもそう指導させて頂いおります。ぜひ、やってみて下さいね。

 

 

その2 体の歪みを整えましょう

ふくらはぎなど足のケアだけでは足りません。

特にお仕事や普段の姿勢がデスクワークで座りっぱなしや、立ちっぱなしが多い方は自宅に帰ってからの体のセルフケアを行って下さい。

また、ふくらはぎなど足だけのケアでは足りません。

実は体全体の歪みが足に負担をかけるのです。

足は体のコンディションに関係なく身体を安定させ、地面に適応させながら体のバランスをとっています。

ほとんどの場合その事に気づいている方はいません。結果的に足に負担がかかり、足底筋膜炎など症状として現れるのです。

スポーツ選手など足を酷使している方は体全体を常日頃、良い状態にする事が必要です。

 

【足底筋膜炎】の一般的な整形外科などで行う全く意味のない治療

 

その1 医療用足底板というただのアーチサポート、間違ったインソールの対処方法

「アーチサポート」の画像検索結果

当院にも足のトラブルで来院される方がたくさんおられますが、以前に整形外科に通院されていた方がほとんどです。

治療の中で足底板を処方してもらったという方は多いですが、ほとんどの整形外科で処方してもらったという足底板がただのアーチサポートであり足を機能的に改善出来ないという事実があります。

偏平足だからという理由で土踏まずを無理くり上げてあるものばかりです。時にはその処方された足底板によって症状が悪化している場合もあります。

アーチ(土踏まず)は何かで無理くり形成するものではなく、自分自身が動きの中で形成するものです。

だから一般的に整形外科などで処方している足底板は効果がないのです。

本当に良い医療用の足底板を体験したい方は当院にお問い合わせ下さい。

 

その2 柔らかい靴を履きなさいという指導

整形外科の先生に 「柔らかい靴を履きなさい」と言われた方は多いのではないでしょうか。

先程も説明したように柔らかい靴はかえって症状を悪化させますし、でも本当に靴だけが原因でしょうか?

正しい靴を履いている方でも足底筋膜炎の方はいらっしゃいます。

つまり足底筋膜炎は靴だけが原因ではないという事です。

足底筋膜炎を根本的に改善するためには靴だけが原因と決めつけるのではなく、その患者様の体のバランスや足の形状、動きなどもしっかり診る必要がございます。

 

その2、痛み止めの注射や手術

注射で痛みがおさまったとしても、負担がかかり続ければ痛みはまた出ます。

痛みを感じていない間も症状はどんどん悪化しています。

しっかり痛みと向き合いながら、足底筋膜炎の原因を見つけ根本的に改善しましょう。

また手術ですが症状が重度になりもうどうしようもない場合は手術という選択肢も当然必要です。

でも残念ながら手術も原因を取り除く訳ではないのでその場しのぎの対処療法に過ぎません。

そして足裏は体重を常に支えるため、丈夫な構造で体のバランスを取るために感覚器が密集しています。

その大切な部分を手術によって開くという事は多少の事でも足裏の弱化や感覚の低下につながります。

だから痛み止めの注射や手術はなるべく控えましょう。

 

【足底筋膜炎】の効果的な治療方法

 

その1 足をしっかり機能的に改善する事の出来るオーダーメイドの医療用足底板

最近はスポーツ用品店では色々なメーカーが足底板(インソール)を出していて足底板にもたくさんの種類があります。

しかしほとんどの足底板がただのアーチサポートになってしまっている事がほとんどです。

具体的にどういう物かというと土踏まずの部分が異様に膨らんでいる中敷きです。

また残念な事に整形外科で処方してもらったという医療用足底板もほとんどがアーチサポートが多いです。

海外と比べ、日本には足病医というライセンスがなく足に詳しい専門医がほとんどいません。アメリカには日本の歯医者さんぐらいの数の足専門のクリニックが存在しています。

実際に当院にも「足のトラブルでずっと病院に通っていたけど全く症状が改善しなかったから来ました」と言う方がたくさんいらっしゃいます。

そのため海外の医療用足底板と比べてしまうと日本の医療用足底板は物足りないという事が現状です。

 

日本の一般的に整形外科で処方している足底板と足病医学の先進国の足底板の大きな違いとは?

1、足底板の作製方法

ほとんどの場合、患者様に型に足で踏んでもらい足形を作ったり、台の上にのって何処に一番体重が乗っているのか確認して作製している足底板がほとんどではないでしょうか。

本当にその足底板はその人の足を機能的に改善出来るのでしょうか?

私はとても疑問です。

よく考えてみてください、言い方は悪いですが既にトラブルのある足で踏んでもらい足形とったり、台の上に乗ってデータを出したところで、その足はトラブルがあるのですから、足を着いた時点でもう遅いという事です。

本来であれば足を着く前にその人の足が一番ベストな足の状態でデータをとり足底板を作製するのが自然です。

当院で処方するすべてのオーダーメイドインソール、オーダーメイドの医療用足底板は必ず、すべて足を宙に浮かせた状態でその人にとって一番ベストなコンディションの足でデータをとり作製した足底板を処方しています。

 

2、素材

とても柔らかい足底板が多いです。

恐らくクッション性も重視して作製されたと思いますが、人間の足はそもそも高性能のクッションが備わっています。

症状によってはやや柔らかい足底板を処方する事もありますが、基本的に足底板は硬くて丈夫なものでなければなりません。

柔らかい足底板は足の不安定につながり、クッション機能である踵の脂肪組織のズレにつながるため、かえって足のクッション性を失う事が多いです。

実際、当院に来院する踵にトラブルを訴える患者様の靴や足底板をみると柔らかいものが多く、靴を硬くてしっかりフィットしたものに変えるだけでも症状が改善する方は少なくありません。

また足の力は手の力の4,5倍はあり、手で簡単に曲げたり、潰したり出来るような柔らかい足底板では足をしっかりコントロールして安定させる事は難しいです。

以前、どこかで足底板を作製してもらい全く効果がないという事で当院で足底板を作りたいという方も多いですが、当院の足底板の硬さを実感して驚かれる方がほとんどです。

でも足底板の上に足を乗せるととても柔らかく気持ちが良いと言われます。

それは足底板が本来、その人に備わったクッション性を引き出すからなのです。

 

3、足の考え方

今まで見てきた足底板のほとんどがアーチサポートです。

つまり土踏まずを上に上げる事を意識した足底板ばかりです

扁平足の方なら分かりますが下に落ち込んだ土踏まずでそのような足底板を使用すると、落ち込んだ土踏まずと足底板のでっぱりが当たってしまい、ずっと履いていると土踏まずがかなり疲れてきたり筋肉痛のような痛みを誘発します。

人によっては土踏まずの皮膚に水膨れが出来たり、剥がれたりして痛くて歩けないという方もいらっしゃいます。

そもそも土踏まずは自然の歩行で出来るもので無理くり上げて出来るものではないのです。

足は状況に応じて強い足になったり弱い足になったりして、体のバランスを整えながらしっかり地面を踏ん張り、地球のパワーを全身に伝え健康的に体を機能させています。

足また土踏まずが無いから悪いという事でもありません。土踏まずが無くてもその人にとって足が健康的に機能していればそれで良いのです。

本当に良い足底板の簡単に見分ける特徴はアーチ部分(土踏まず)が不自然に盛り上がっていない、かかと部分はしっかりしていて柔らかくないものです。是非参考にして下さい。

 

その2 足底筋膜炎になりやすくなっている体の歪みをしっかり改善する

足底板を取り扱っているほとんどの院が足底筋膜炎の症状がある患者様に対して、とりあえず足底板を勧めます。

もちろん足底板が効果的な場合はそれでも改善する事はありますが、当院にはそれでも改善しない方もたくさん来院されます。

なぜ改善しないかというと、そもそも患者様の生活習慣が足底筋膜炎になりやすい体の歪みの原因になっている場合があります。

その場合は足だけでなく間違った体の使い方や生活習慣を改善しなければなりません。

またそのような生活をして染み付いた体の悪いクセ(歪み)を改善する必要もあるのです。

当院では必要に応じて、足だけでなく体全体から根本的に足のトラブルを改善していきます。

 

【お知らせ】

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、

LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。

LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので

是非、ご登録して下さいね。

その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

友だち追加

 

パソコンの方はこちらのQRコードをスマホなどで読み取って下さいね!

 

つながりの杜整体院・かみえど接骨院|足の悩み・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・骨盤矯正・腰椎すべり症・重度の腰痛専門

〒505-0126 岐阜県可児郡御嵩町上恵土414−3

 0574-67-1243

-ブログ

Copyright© つながりの杜整体院・かみえど接骨院|重度の慢性症状・外反母趾、内反小趾、モートン病、足底筋膜炎など足のトラブルに , 2019 All Rights Reserved.