足の痛み

2022/2/8

オーバープロネーション、アブダクトリーツイストとは

【オーバープロネーション(距骨下関節の過剰回内)、アブダクトリーツイスト(足底部で床をツイストする動き)】 調べると難しく説明している先生が多いですが、簡単に言うと、足が扁平足で、床を内側だったり外側だったりとツイストダンスしているような足の動きで歩いてしまうという事です。 足裏の前足部がなんとなくぼてっとしている方はこの動きを必ずしています。 一般的には、この2つの原因と足関節の背屈制限で、足裏にタコやウオノメを形成してしまうと言われています。 歩くと足裏や足趾が痛いという方、もしくは巻き爪の方もオーバ ...

2022/2/3

子供のケガ、慢性症状、起立性調整障害、イジメについて

【子供の慢性症状やケガ、不登校、起立性調整障害、イジメ等の問題について】 つながりの杜整体院の奥田です。 最近、とても相談される症状です。 当院にご来院される時は、子供さんの体に何か症状があってご来院されますが、検査をすると、肉体だけでなくその子の感情にもトラブルがある事がとても多いです。 特に多い症状は、男の子では、膝、足首、足底のケガや痛み、女の子では、股関節の痛み、内股やX脚など歩き方によるトラブルです。 まず重要な事は誰がその子の現状を問題視しているのか?という事です。 ほとんどの場合、お母さんお ...

2022/1/31

成長痛の治し方(オスグッド・シュラッター病)

【成長痛の治し方】 代表的なものは膝下が痛くなるオスグッド・シュラッター病です。 最近は歩けないほどオスグッドの痛みで悩んでいる子はとても少なくなりましたね! これも時代の背景だと感じます。 良い時代ですね! 昔のように努力、我慢の時代から現代は自分らしく生きる事が重要になり、それが当たり前の今の子供達ですからね(^^) よく、「子供をのびのび育てる」と言います。 ここに実はヒントがあるのです。 のびのびとは、押さえつけられる事なく、ゆったりと、落ち着きのある、などという意味です。 つまりのびのび育ってい ...

2021/10/12

子供の外反母趾予防【症例紹介】

こんにちは、 つながりの杜整体院、足と心体の専門家の奥田です。 本日は、軽度の外反母趾でこれ以上ひどくならないようにとご来院された可児市、小学生女の子の症状についてです。 当院でも8年程前から徐々に増え続けている子供の外反母趾や足のトラブル。 今回は症例紹介のついでに子供さんの外反母趾予防をお伝えします。 今回、ご来院した女の子は骨格的に問題はなく一見何も原因がないように見えるので、今まで通院してきた整形外科の先生や他院の先生は気づかなかったのでしょう。 歩行の検査で、とても違和感を感じました。 自宅の様 ...

2021/10/3

右股関節痛と左足モートン病の原因【症例紹介】

こんにちは、 つながりの杜整体院、足の専門家の奥田です。 今回、ご紹介する症状は、3ヶ月前から右股関節の痛み、腰痛そして右小趾の裏に魚の目、左足のモートン病という美濃加茂市からご来院されたクライアント様の症例です。 ストレッチや色々な事を試したけどやっぱり良くならないという事でご来院されました。 クライアント様は最初、足の魚の目を庇って歩いたため、左足にモートン病が発症して、右股関節が痛くなったと考えたそうです。 動診や筋力テストなど色々な検査をした結果、原因は内臓にありました。 クライアント様も私がお伝 ...

2021/10/2

外反母趾と距骨調整【症例紹介】

こんにちは、 つながりの杜整体院、足の専門家の奥田です。 今日は、名古屋市から外反母趾の症状でご来院された女性の症例についてご紹介いたします。 外反母趾など足の症状でご来院されるクライアント様はほとんどが以前どこかの整形外科、整体院などで治療や施術を受けてきた経験がある方ばかりです。 今回の女性もそうでした。 整形外科で足底板を作ってもらったけど痛みは変わらず、外反母趾テーピングもしている時は何となく良い気がするけど、疲れるし、テープを外すと結局痛みが再発。 当院にご来院する前は、外反母趾専門でやっている ...

2021/9/14

外反母趾と脊柱管狭窄症の関係【症例紹介】

こんにちは、 つながりの杜整体院院長、足の専門家の奥田です。 本日、各務原市の方から脊柱管狭窄症の症状で、当院に来院したいという事でお問い合わせが来ました。 お電話で、症状について少し伺いましたが、足に外反母趾があり、魚の目や胼胝で困っているという事でした。 でも今日は足についてのお話です。 最近、知り合いの先生が本を出した事もあって足に関しての本を数冊買って読みました。 世の中に出ている足の医学書はほぼ全て読んだと思います。 今回の本もとても分かりやすく良い本でした。 ただ感想は全て骨格的な内容であり、 ...

2021/8/3

柔軟性外反母趾【70代女性の症例】

こんにちは つながりの杜整体院、足の専門家の奥田です。 本日の症例紹介は、美濃加茂市から足の相談でご来院された柔軟性外反母趾のクライアント様です。 様々な原因によって起こる外反母趾ですが、今回クライアント様は、特に足に痛みがあるわけでないです。 これ以上腰が曲がるのを防ぎたい、最後の日まで自分の足で歩きたい、という事で、当院へご相談に来られました。 腰が曲がってしまうという悩みに対して、腰が曲がるという事の本当の意味をお伝えして、実際に腰がちょっと体を動かしただけで、丸まった背中が伸びる事を体感していただ ...

2021/7/29

外反母趾【手術後の症例紹介】

こんにちは。 つながりの杜整体院、足の専門家の奥田です。 本日は、左足の外反母趾の手術を行なって、右足の外反母趾の手術もする予定でしたが、左足の外反母趾の痛みが手術をしたのに痛みが解消せず歩くたびに足裏にも痛みががり、今のままでは右足の手術は不可能という事で、美濃加茂市から当院にご来院されたクライアント様の紹介です。 外反母趾はかなり悪化していて、クライアント様も外反母趾が原因で、今の症状が出ていると言われましたが、私が症状を診たところ外反母趾が原因で痛みを出しているわけではありませんでした。 上は外反母 ...

no image

2021/7/19

インソールを処方した症状ランキング【足底板療法】

こんにちは つながりの杜整体院、足の専門家の奥田です。 本日は当院の医療用足底板を処方した症状のデータをまとめたのでランキングをお伝えしますね。   オーソティックス(医療用足底板)処方症状別ランキング 1位柔軟性外反母趾 37% 2位変形性股関節症 23% 3位変形性膝関節症 20% 4位外反母趾 15% 5位膝の痛み 2% 6位胼胝、魚の目、角質トラブル 2% 7その他 1%   柔軟性外反母趾、変形性股関節症、変形性膝関節症がほとんど占めています。 外反母趾や胼胝、魚の目などのト ...

2021/7/16

機能的インソールと健康寿命【可児市の足の専門家】

こんにちは つながりの杜整体院、足の専門家の奥田です。 本日は医療用足底板と健康寿命のお話です。 (医療用足底板とは、機能的インソールの事で、スポーツ用品店で作られるインソールや整形外科で処方されている一般的な足底板(アーチサポート)ではありません) 誰でもできれば健康寿命が長いほうが良いと望みますよね。 どうせ長生きするなら、最後のその日までスタスタ健康的に歩いて、好きなところへどこでも出かけて、食べたいものは食べれて、誰に世話される事なく生きていたいと思います。 その健康寿命、もう一つが老後の転倒率( ...

2021/7/14

正しいインソールの選び方【症例紹介】

こんにちは つながりの杜整体院、足の専門家の奥田です。 本日は質問の多い、体に良い、足に効果の出る、正しいインソールについてのお話です。 先日、当院で医療用の足底板を処方した方から質問されたので、その時の話をご紹介いたします。 今回、インソールを処方させていただいた名古屋市からご来院のクライアント様は、足底筋膜炎と外反母趾、変形性膝関節症の症状の方で、今までに整形外科や靴屋さんで、オーダーメイドのインソールを数回作っていた方でした。 しかしそのインソールで効果がほとんど得られず、インソールでは、自分の症状 ...

2021/7/8

内反小趾【症例の紹介】

こんにちは つながりの杜整体院、足の専門家の奥田です。 内反小趾ってご存知ですか? 外反母趾は知っている方多いですが、内反小趾は意外と知らない方が多いです。 でも外反母趾よりも内反小趾の人のほうが圧倒的に多いです。 内反小趾とは足の小指が足の内側に向かってくの字に曲がってくる症状の事を言います。 もしお時間があれば一度、自分の足を見てみるといいです。 今回は症例の紹介なので説明は省略しますね。 さて、今回の内反小足趾の症状で各務原市からご来院されたクライアント様は女性の方で、仕事中はヒールを一日中履いてい ...

2021/7/8

踵の痛み【40代女性の症例】

こんにちは つながりの杜整体院の足の専門家、院長 奥田です。 本日は踵の痛みで御嵩町からご来院された女性の症例についてです。 クライアント様のお仕事は一日中立ち仕事で安全靴を履いて工場で作業しています。 一年半前から踵の違和感が気になり初めて2ヶ月経った頃から痛みにかわり今までずっと整形外科と接骨院通いだったそうです。 病院では湿布と痛み止め、インソールを作ってもらい、接骨院では足のマッサージと電気療法。 なんとなく痛みが和らいだかな、程度で足を引きずる程の痛みは変わらない状態。 整形の先生には、「太り過 ...

2021/7/8

ハンマートゥ(槌指)【50代女性の症状】

こんにちは つながりの杜整体院、足の専門家 院長の院長奥田です。 本日は槌指といってハンマートゥ、マレットトゥ、クロウトゥなど変形の具合で色々な呼び名がありますが、「槌指」の症状で、可児市からご来院された女性のご紹介をします。 ハンマートゥとはこのような状態です。 写真のように足趾が槌のような形になっている事から槌指と言われます。 症状としては足趾の背面や先端部分が、靴に当たってしまい、痛みを誘発したり、胼胝や魚の目ができてしまうという事が多いです。 クライアント様は立ち仕事でフロアを歩き回っています。 ...

2021/7/8

足底筋膜炎【60代女性の症例】

こんにちは つながりの杜整体院 足の専門家の奥田です。 本日は足底筋膜炎についてです。 足底筋膜炎と聞くと扁平足の人になりやすいと思われがちですがそうでもないです。 実際、当院に足底筋膜炎でご来院されるクライアント様の足を見ると半分の方がしっかりとアーチがあります。 本日、足底筋膜炎の症状で美濃市からご来院されたクライアント様も扁平足ではありませんでした。 1ヶ月前から急に痛みが強くなり、歩行検査では足裏を庇って歩いている状態です。 当院に来るまでは、整形外科に通院、レントゲンでは異常なし、痛み止めの塗り ...

no image

2021/6/1

モートン病【20代女性の症例】

こんにちは 院長の奥田です。 本日はモートン病の症状で犬山市からご来院された女性の症例についてです。 左足裏の中指付け根周囲に歩くと痺れと痛みがあり、整形外科で坐骨神経痛と診断され治療を続けていましたがなかなか症状が改善されないという事で当院をネットで調べてご来院されました。 クライアント様は普段のお仕事で足の環境がかなり過酷であり、足の横アーチも動揺があって不安定でした。 この症状はモートン病です。ただ症状は左足だけです。 これは当院の足整体と体の調整を行いバランスを整えて改善しました。 今の仕事はまだ ...

2021/6/1

外反母趾【50代女性の症例】

こんにちは つながりの杜整体院・かみえど接骨院、院長の奥田です。 本日、名古屋から外反母趾の症状でご来院された女性の症例についてお話します。 お仕事ではヒールを履くので、外反母趾になっている左右の母趾が靴に当たって痛いという事です。 普段は靴のサイズを大きくして靴に当たらないようにしていて最初はそれで痛みがなかったけど最近さらに症状が以前より悪化して足の形も以前よりひどくなったという事でご来院されました。 靴の環境については、かなり外反母趾が進行していたので医療用足底板は処方する事になり、仕事で使いたいと ...

© 2022 つながりの杜整体院・かみえど接骨院