menu
5ヶ月以上整形外科に通っても改善しない膝の痛み治らない原因をあなたはご存知ですか?
以下のような悩みでしたら当院で解決できます
悩み1
朝起きると膝がこわばってしまい痛みがある
悩み2
階段などの段差は一段一段、慎重に上り下りしないと痛い
悩み3
無理をするとすぐ膝が腫れ、水を抜く事がクセになっている
悩み4
ヒアルロン酸注射を5回打ったが全く痛みがなくならない
悩み5
膝のサポーターや杖が無いと不安で外に出かける事が出来ない
悩み6
整形外科のリハビリに通っているけど、一向に痛みが改善しない
悩み7
膝の痛みは加齢と体重の増加が原因なので痩せろと言われる
悩み8
膝の軟骨がすり減っているので手術するしか治らないと言われた
このような症状で長年悩まれているなら、当院で根本的に改善していきましょう。
今まで本当に膝の痛みで辛い想いをされていたと思います・・・
たくさんの医療機関、治療院の治療を試して・・・
整形外科でそんなに痛いなら手術をすると言われ・・・
そんな追い込まれた状況でこのページに辿り着いていただけた。私から一言あなたに伝えさせてください。

「諦めるのはまだ早いです」膝の痛みに対する原因を明確にし、正しいアプローチを行うことで必ず痛みは良い方向に向かいます。

もしあなたが本気で「膝を治したい」そう思われてるのであればこのままお読みください。

一般的な膝の原因

男性に比べると女性の方が4倍以上多く膝の痛みで悩んでいる方がいると言われている『変形性膝関節症』。主に膝の内側の痛みと膝に水が溜まることに悩んでいらっしゃる方が多いのが一般的です。初期段階では、朝起きて歩き始める時に痛みがあり、動き出すと痛みが徐々に取れてくるのが特徴です。

症状が進むと正座や階段の上り下りが辛くなり、ひどくなると常に痛みがあり腫れが出てしいまい、見た目でもO脚になっています。このぐらいの状態になると、整形外科を受診する人が多いです。

整形外科での診察は、レントゲンやMRIを撮り、骨折・靭帯・軟骨(半月板)を痛めてないか、感染をしていないかなど確認をします。

この診断で良く言われるのが、クッションの役割である軟骨が擦り減ることで膝の関節面同士がぶつかってしまい痛みが生じると考えられています。

そして、整形外科の治療法の一つとして、痛み止めの処方、注射で膝の水を抜く、軟骨の生成を促すヒアルロン酸を打つなどがあります。

症状がひどいと手術療法で人工関節を入れるという選択肢もあります。

しかし、体の中に異物を入れるということは体にとっては大きな負担になります。

膝の手術の傷口から痛みが出たり、人工関節のところが再度炎症して水が溜まり、人工関節を入れたところだけ冷えている感じがしたりと様々な訴えを起こす人もいます。

手術をしたとしても、痛みが改善されず、根本改善できない人も後を絶たないのが、変形性膝関節症の手術の怖い所で、手術をするかどうか悩まれる方が多いのも現状です。

手術をしても、このような症状をぶり返すなら、そもそも手術をする意味が無いと思いませんか?

当院では、手術を勧められたような状態の方も、歩けるようになるどころか、痛める前の状態よりもさらによくなり、小走りや運動もできるようになった人が多数いらっしゃいます。

まだ、あなたの変形性膝関節症の改善を諦めたくない、という方は、このページを最後まで見て頂き、もし当院の治療に共感できるのであれば、ぜひ当院へお問い合わせください。あなたのその症状を根本的に改善しましょう。

膝に水が溜まる本当の原因をあなたはご存知ですか?
『膝の水を抜くとクセになる』と聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
なぜ、膝を悪くすると膝に水が溜まるのか、その原因をご存じですか?
みなさんの中にも、水を抜く治療を行ったことがある方もいらっしゃると思いますが、『膝の水』と呼ばれる水分は、実は水ではなく、滑液(かつえき)と言う関節の炎症を抑える働きがある液が関節内に含まれています。これが過剰に分泌されると膝の中が圧迫され痛みが出現します。本来この滑液は、膝の関節の動きをスムーズにする潤滑油の役割を果たし、関節の中で正常な量が常に浸透している状態です。本来の膝の動きをなめらかにする働きがありますが、膝に負担がかかったり、関節が炎症する状態が続くと、炎症をおさえようとして、普段よりも多くの滑液が膝の関節に出るようになるのです。通常の量であれば、自然に関節や骨からその滑液が吸収され、正常な状態を保つのですが、炎症をおさえようとして、大量に排出される滑液が、吸収される量よりも多くなり、膝に水が溜まってしまうのです。そして、水が溜まった状態が続き膝の動きを制限し、痛みが出るために、水を抜く為に病院に通い、水を抜いてもらう訳です。

たしかに、水を抜くことで、一次的には関節内の圧力が下がるので膝がスムーズに動きますが、滑液が出てくる原因となった炎症が取れていないので再度水が溜まってくる。これが、水抜きを繰り返しクセになってしまうと言われる本当の原因です。

また、関節の内部は無菌の状態なのですが、しっかりと消毒をしても注射針を入れる回数が増えると、細菌が入ってしまう危険性が高まります。

そして、場合によっては細菌によりさらに炎症するという可能性もありえます。

そういうリスクもあり、『膝の水が溜まったから安易に抜く』という考えは、当院では疑問を感じています。

膝の水を抜くことも、一時的な膝の機能を取り戻すには良いのですが、そもそも膝に水が溜まる、根本的な原因を改善しない限り、水はずっと溜まり続けますので、当院は膝に水が溜まる本当の原因を、根本から治療する、という考えを元に、変形性膝関節症の根本改善を目指しています。

悩みの背中と腰の痛みがなくなりました
お住まい:可児郡御嵩町  年齢:45歳  日比野たみこ様
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。
手術が必要と言われた膝の痛みがよくなりました
お住まい:岐阜県土岐市  年齢:36歳  佐橋裕之様
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。
ずっと辛かった原因不明の股関節痛から開放されました
お住まい:岐阜県土岐市  年齢:34歳  大野あきな様
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。
あなたは整形外科のこのような膝痛治療の間違った常識を信じていませんか?
その1
膝の痛みは軟骨がすり減っているからもう治らない?

軟骨、関係ありません。
同い年で軟骨がすり減ってる人はたくさんいると思います。その人たちはなぜ痛くないのか?考えたことはありませんか?
次第に痛みは強くなっていったと思いますが、軟骨のすり減り具合も強くなっていってますか?
おそらくそんなに変化はないと思います。
そして軟骨の代わりをしてくれるヒアルロン酸を注入してもなぜ治らないと思いますか?
関係ないからです。
まだ、軟骨のせいだと騙され続けますか?当院では軟骨がすり減っていると診断された、たくさんの方々が良くなっていってますよ。

その2
膝の痛みは体重増加からきている?

これももちろん、間違いです。よくお医者さんがこう言われるそうです。
「〇〇さん、この膝の痛みは体重増加によるものですね。」
考えてみてください。あなたと同じぐらいの体重の方でも膝に痛みなく元気に歩いてる方いませんか?
自分より明らかに体重が多い人でも痛くない人もいますよね?うちの患者さんでもいます。100キロ以上余裕であった様な方ですが痛いのは右膝だけなんです。
左膝にも負担はかかってるはずなのに・・・
なんででしょうか?
直接は関係ないからです。
それと膝の痛みを治すために病院に行ったのに「痩せてください」っていう答えは求めてないですよね。
でも、間接的には負担をかけてしまうので膝が良くなったら体重減らしていきましょうね。
それもお手伝いします。

その3
膝の痛みは加齢からきている?

あなたもこう言われませんでしたか?でも間違いです。

よくお医者さんがこう言われるそうですね。
「〇〇さん、この膝の痛みは加齢によるものですので治りません。」

考えてみてください。
あなたと同じ年齢でも膝に痛みなく元気に歩いてる方いませんか?
同じ年齢なのに・・・
自分より年齢が上でも痛くない人もいると思います。
同じように加齢していきますが、右だけが痛かったりと偏りもみられますよね?
同じタイミングで両方が痛みましたか?そんなことはないと思います。
では、なんででしょう?

結論、関係ないからです。
あなたも薄々感じていますよね。
だって、みんなに当てはまらないんだから。

いつまで加齢のせいにして、自分の大切な膝を痛めつけますか?

その4
膝の痛みの原因は筋力低下が関係している?

よく整形外科や治療院でゴムチューブ使って太ももの筋力トレーニングを指示されますよね。

こんな事をしたって無駄です。
残念ながら治りません。

靱帯が切れているとか動揺性(グラつき)がある方には有効ですがその他多くの患者様には当てはまらないです。

膝周辺の筋肉の使いすぎによってそのストレスが積もり積もって痛みにつながるケースが多いんです。
筋肉使いすぎでストレスが溜まっている状態でさらに筋力トレーニングするとどうなるか?

言わなくても分かりますよね?

さらに悪化する可能性が高いです。

ほとんどの先生方は膝の痛みの原因や良くなる施術を知らないから治らない方が非常に多いです。

その5
膝に水が溜まっているから痛みが出る?

そんな事ありません。違います。水とはそもそもなんでしょうか?
滑液といって、関節が滑らかに動くようにクッションの役割を果たしている軟骨の栄養源です。
しかし、何らかの原因で関節が炎症を起こすとその火を消そうとこの水(滑液)が出ます。
水(滑液)は本来、自然と関節に吸収されるものなのですが炎症が消えずに水が出続けると吸収が追いつかず水が徐々に溜まっていきます。
となると・・・水(滑液)自体は悪いものではないですよね?
水が溜まるのは膝に負担がかかって、炎症が消えないからです。
「水を抜くとクセになる」というのも以上のことからも間違いということがわかります。
一時的に膝の水を抜くことで動きやすくなることもありますが膝周辺に不要なものがくっついていたのが無くなったので動きやすくなっただけです。
根本的には何も変わってはいません。
炎症が起きてる原因から治していかないと水は溜まり続けますし膝の痛みも消えません…

あなたはそれでも水を抜き続けますか?

その6
膝の痛みはヒアルロン酸注射をすれば良くなる?

これだけでは残念ながら治りません。そもそも通常の歩行ではなく、膝に負担のかかりやすい歩行をしていたがために膝の軟骨が擦れてしまったんです。
ヒアルロン酸注射は擦れて無くなった軟骨の代わりにのクッションとなる物です。
ですが、よく考えてみてください。
擦れた原因となる歩行は治さなくていいのでしょうか?
まず、それを理解しクセの出ない歩き方をしなくてはいけません。
そうでないと、ヒアルロン酸注射に効果があったとしても今の使い方であればすぐにそのクッションを擦り減らしてしまいます。
もうやめませんか?
きっと整形外科の先生も治そうと思って注射してないですよ。
ヒアルロン酸注射を打っているから大丈夫と安心しないで下さいね。

当院の膝の痛み、変形性膝関節症の理論と
根本的改善とは
当院が考える膝の痛み、変形性膝関節症の理論と、今までの治療では改善しなかったあなたに必要な根本的改善のため何をするべきかをお伝えします。
膝の痛み、変形性膝関節症の症状について
膝の痛み、変形性膝関節症の辛い痛みに悩んでいる方は非常に多いです。
特に40歳代以降の女性の方に多く見られます。
整形外科でレントゲンやMRI検査をしても、特に異常がないと診断されても、実際は痛みがどんどん酷くなり不安になる方が多いです。
軟骨が磨り減っている、間が狭くなっているなどと診断をされて、加齢や体重増加が原因です、手術しないと治りませんなどと診断されることがよくあります。
病院の先生にそう言われると手術しないといけないのかな、と不安になってしまいますよね。
でも少し待ってください。上記の理由は本当に関係ないんです。
実際に膝が痛くて、初めての来院時は杖をついてた人でも杖を卒業して普通に歩けるようになった方は何人もいます。少し考え方を変えるだけなのです。
あなただって適切な施術を受け、頑張れば、必ず良い結果が得られます。
あなたが本気で治したいのであれば私は待っています。
当院の変形性膝関節症の考え方

一般的な整形外科や、整体院の治療

レントゲン撮影、MRI検査や水抜き、ヒアルロン酸注射など、一時的な症状改善をする。
電気マッサージや、筋トレ指導など根本的な改善にならない施術。

● 当院の根本的改善を促す施術
膝の負担となっている体のバランス、使い方などの原因を、普段の生活習慣や体の使い方、痛みの出るタイミングなどを見極めて、膝に出ている症状の根本的原因を確実に見つけ出し、一人ひとりに必要な施術やアドバイスをすることで、根本的な改善を目指します。
当院の根本的改善に対する考え方
膝に痛みがある方の多くが整形外科を受診していてレントゲンを撮っています。
そうすると医師から「軟骨がすり減っていて関節が変形して痛みが出ていますね」と診断されます。
確かにレントゲンの写真をみると、関節の隙間が狭い様に感じて、O脚になっているため膝の内側がぶつかっている様に見えます。
そして、一般的な整形外科では、膝の前側の筋肉を鍛えて変形の進行を抑えようとしたり、軟骨の成分であるヒアルロン酸を注射して関節面の接触を和らげようとする治療をします。しかし本当に関節が変形することで痛みが出るのでしょうか?
100歳を超えている方は現在では珍しくありませんが、長寿の方でも自分でスイスイ歩ける方も多いです。
その様な方でも背中が丸まっていたり、足がO脚になっていたりしますが、変形したところが必ずしも痛めているかというと、実際はそうでもありません。
変形しているところは関節面が当たっているはずなのに、当のご本人は痛いと訴えない事が多いです。本当に歳のせいであれば、皆さん同じ様に膝が痛くなってくるはずです。膝関節の変形=膝の痛みではないのです。ではなぜ膝の痛みが出ているのでしょうか?
その要因の一つに、筋肉を包む筋膜という全身に張り巡っている膜があります。
筋肉の服の様な存在です。それが歪むことで膝の関節に悪影響を及ぼしているのです。
膝の痛みと身体のバランスの関係
体の組織は全て、膜という服に覆われています。その中で骨膜、筋膜がありますが、今あなたが着ている服で説明させて頂きます。
服の左肩周辺を左上に引っ張ってみてください。引っ張った肩周りだけでなく、体全体が左上に引っ張られると思います。
骨膜や筋膜でも同じような現象が起こり、一見関係無いような体の部分的な歪みによって違う箇所に影響する事は多いです。
特に膝に関係があるのが、骨盤周辺の骨膜、筋膜です。何らかの原因により、骨盤周りの骨膜、筋膜に歪みが発生し、何気ない日常生活の体の使い方だけでも膝に負担をかける事があります。
膝に痛みがある方は、骨盤周りの歪みや柔軟性が落ちていることが当院では非常に多く、変形性膝関節症の患者様の根本的な原因の一つです。一度試しに、可能な方はスクワットをしてみてください。
きっと膝のお皿がつま先より前に出てきてしまうと思います。
その状態だと、普段の生活の中で常に膝に負担がかかる動作をしている証拠です。
そのような状態で膝を使っているなら、普段の日常生活でも知らないうちに膝にストレスが蓄積されていると言えます。本来の正しいスクワットは、膝のお皿がつま先よりも前に出ない状態で股関節が曲がり、お尻が後ろに引く様なスクワットです。
骨盤の筋膜が硬かったり、歪んでいたりするとこの様なスクワットになってしまいます。
このような状態で日常生活を送っているのですから、毎日あなたの膝にはストレスが蓄積されます。
膝にストレスが徐々にかかってくるといずれ関節内の炎症が起こり炎症を治すために水が溜まってきます。
ですので、膝関節だけをみて水を抜いたり、電気をかけたりして膝周りの施術をしても根本的な解決にならないです。膝を痛めている原因はどこにあるのか、その人の体の使い方や、膝にストレスをためる要因をしっかりとみていく必要があります。このような診断は、西洋医学的なアプローチでは行いません。
西洋医学的なアプローチは、痛みの出る患部の状態のみを改善することを目的とし、レントゲンの所見を元に、治療マニュアルに沿って治療を進めます。
ヒアルロン酸注射、投薬治療を一定期間経てそれでも改善しない場合は手術する、というマニュアルがあり、そのマニュアルに沿った治療を施していきます。根本的な治療ではなく、対処療法が基本ですので、症状だけを改善する治療を行い現状維持を保つか、それでも良くならなければ手術という選択肢しか提案されないのです。当院では、このような世の中の西洋医学的な膝治療に対する現状に強い疑問を感じています。
整形外科の処置やリハビリのアプローチは主に患部の痛みや症状だけを診るという、患部の痛みを取る為だけの治療を行うのに対し、当院では、体全体のバランスから診ていく、当院独自の膝の痛み、変形性膝関節症に特化したアプローチを行いますので、整形外科でも根本的に改善しなかった変形性膝関節症が根本的に改善できるのです。

痛み止めやサプリメントは本当に効果があるのか?

一般的な考え加齢と共に衰える関節や軟骨には、コンドロイチンやグルコサミンなどのサプリメントが有効。

● 当院のサプリメントに対する考え
膝の痛みの根本原因を取り除くことで、サプリメントや痛み止め薬に頼ることのない生活を取り戻す。
サプリメントに頼ることのない状態を目指しましょう。
よくCMやショッピング番組で膝に効くサプリメントを紹介しています。
コンドロイチンやグルコサミンなどが有名ですが、軟骨を生成する成分として有用で、軟骨がすり減っているのなら軟骨の成分を飲めばいいという発想から、サプリメントを活用されている方もいるかと思います。そう聞くと、膝の軟骨が復活しそうな雰囲気もありますが、実は動物実験では軟骨が生成されたという報告と生成されなかったという真逆の報告がされていて、その有用性の判断は難しいのが現状です。人間を対象にした実験結果でも、『有効さはあるとは言えない』という、なんとも歯切れの悪い結果が報告されています。そもそも、口から入ったグルコサミンやコンドロイチンは体内で分解されるのですが、それが『軟骨の成分に再合成されることはあるのか』という疑問が残ります。痛みの度合いを数値で表す調査をした実験では、『グルコサミンを飲んだグループ』と『ブラセボ(偽薬)を飲んだグループ』との有意差はなかったという報告が事実あります。数多くの臨床結果のレポートにも「いろいろ膝に関するサプリメントを3ヶ月飲んだけどあまり効果はわからなかった」という方が多いというのが現状。サプリメントに頼るよりも、サプリメントが不要な根本改善を目指しましょう。仮にサプリメントで軟骨が復活し痛みが取れたとしても、膝に負荷のかかる姿勢で生活や仕事をしていると、再び悪くなってしまうことは明白です。
薬で痛みを我慢したり、サプリメントに頼るのではなく、しっかりと原因を見つけていくことが大切です。当院はその原因を見つけるお手伝いをしていきます。

膝のヒアルロン酸注射は効果があるのか?

一般的な考え膝の痛みを和らげる為に、ヒアルロン酸注射を定期的に打つことで、膝の痛みが改善する。

● 当院のヒアルロン酸注射に対する考え
一時的に痛みを取り除くことは可能ですが、その場しのぎの治療に過ぎず、その間も膝の負担はかかり続け、膝の状態が根本的に改善することはない。むしろ、その場しのぎを繰り返すことで、さらに膝のダメージが増え、膝の状態はどんどん悪化する。
ヒアルロン酸注射をしなくても良い状態を目指しましょう。変形性膝関節症の方が整形外科に行くと、よくある治療として、ヒアルロン酸注射をされることは多いと思います。
関節内にヒアルロン酸注射をすることで、滑らかさが復活し、一時的に関節内の動きがよくなり衝撃の吸収作用が増して、痛みが取れるといったメリットがあります。しかし長期間慢性的に痛みがある場合には適していないと当院では考えます。まれではありますが感染症や関節内出血といった重い副作用が起こることもあり、安易に注射を受け続けるのはお勧めできません。このような理由から、ヒアルロン酸の関節注射は安易には続けない方が賢明です。もちろん、痛みがひどい時や、急激な痛みをどうにかしたいという緊急避難的な処置でヒアルロン酸やステロイドの注射も効果的ですが、長期的に膝の状態を改善するわけではありません。体のシグナルである痛みの原因を解決することなく痛み止めを使い、一時的に痛みを消して膝を動かしてしまうと、痛みという体からのシグナルを受け止めて体の使い方を変えていたものが、痛みを無視して動くようになるので、更に状況は悪化するという悪循環に陥ってしまうのです。その場限りの痛みが取れたかどうかを判断するのではなく、本当の原因を解決するために、膝を痛めている根本的な原因は何なのか?を確実に見つける必要があります。

ヒアルロン酸は一時的な対処療法でしか無い

事実、当院でも『長期間ヒアルロン酸注射を受け続けているのに、全く改善しなかった』という患者様が多数来院されます。
そういった方に当院の施術を受けて頂くと『はじめて本当の膝治療をしてもらった!
』と驚かれる方が後を絶ちません。あなたも、当院の根本的施術で本当の意味の膝の施術を体験されることを願っています。

膝の痛みを放置しているとどうなるのか?
変形性膝関節症になる前の、初期の頃を思い出して欲しいのですが、最初の頃は少し痛みが出るかな?という程度で、今ほどの痛みはあまりない状態でしたよね。
朝起きた時や、長時間、座っている状態から立った際に痛みが出ることがある、という状態の時もあれば、歩いていて体を動かしている時は膝の調子も良く、痛みがなくなるという状態ではなかったでしょうか?
しかし、そういった初期状態の膝の痛みは実は、「これ以上放っておくと体が壊れてしまうよ、膝に負担がかかっているから気をつけて」という、体からの大切なメッセージだったのです。最初の頃の軽度の膝の痛みも、それを放置していると膝に熱感や腫れぼったい感じがしてきたり、ブヨブヨとお皿の周りに水が溜まっていく状態に症状が進行します。
膝がガキガキと音が鳴ったりする方もいます。
そこからさらに症状が悪化すると、安静にしていてもズキズキ痛んだり、膝の曲げ伸ばしができなくなります。そこまで膝の症状が進行すると、外に出ることや体を動かすことがめんどくさくなり、だんだんと生活の活力がなくなってしまい、脳の働きも鈍くなってしまいます。実際に、太もも、ふくらはぎの筋肉の活動が低下すると認知症が進行するということも研究で明らかになっています。
買い物中に周りで歩いている人を見れば分かりますが、自分の足でしっかりスタスタと歩く人は、元気で活発ですよね。
足が悪くて外に出ていない方は家でこもる事が多くなり、体の調子がどんどん悪くなります。そしてさらに外に出たくないという気持ちになり、悪循環に陥ってしまいます。足部の筋の活動は「うつ病」にも関係があります。うつ病の患者さんは「セロトニン」や「ノルアドレナリン」と言った脳内伝達物質が滞るのが原因ですが、その解決策の一つで、太もも、ふくらはぎを動かす事によって下肢に溜まった血液が流れ、脳内に行き渡り、うつ病が改善するといった研究結果もあります。
実際に当院に来院された、うつ病の方も改善されました。
歩くことは人間の基本であり、毎日を健康に生活する為には必要不可欠な動きです。
膝に違和感があっても、まだ動けるから大丈夫などと、そのまま放っておくと、今後あなたの人生の生活の質を大変悪くする可能性があります。「最近、膝に違和感がある」「何となく歩くと膝が痛い」「以前より階段の上り下りが辛くなった」など少しでも気になる事がございましたら、お早めの施術が改善しやすいので、症状が悪化する前に当院へご相談ください。
辛い膝の痛み・変形性膝関節症で悩んでいるあなたへ私からのお願いです…
もうこの膝の痛みは治らないなんて
絶対にあきらめないで下さい
院長
つながりの杜整体院
院長 奥田哲久
はじめまして、つながりの杜整体院の奥田哲久と申します。
あなたにお伝えしたい事がございます。あなたのその辛い膝の痛みが今までしっかり治らなかったのは、あなたのせいではございません。正しい施術受ける事であなたの膝の痛みは今よりずっと改善しますので安心して下さいね。私は今まで、たくさんの様々な膝の痛み・変形性膝関節症で悩んでいた患者様を診させて頂きました。その患者様の中で、
「電気やマッサージを毎日接骨院でやってもらうけど全然良くならない」
「病院でリハビリを受け、ひどい時は痛み止めの注射をしてもらうけど、全く効果がなかった」
「整形外科の先生に相談しても歳だからしょうがない、そんなに痛いなら手術すると言われる」
「もうどうせどこに行っても良くならないけど、最後に先生の所に来ました。」
とたくさんのお悩みをお聞きしました。私はもっとたくさんの様々な膝の痛みで悩んでいる方を救いたくて、たくさんの治療技術と知識を学びました。

体の状態や症状、生活習慣や置かれている状況が一人ひとり違うように施術に関してもその人その人に合った施術方法があります。

痛みの無かった本来の状態に回復する近道は、悪くなった根本的な原因を見つけることと、それを解決できる施術に出会えるかどうか。そのことに1人でも多くの方に気づいて頂き、本来の体の状態を取り戻して頂くのが私の使命です。あなたがもし、本気でその膝の痛みを根本的に改善したいという事であれば、当院に来て下さい。この自己紹介を読んでいただけたのも何かのご縁です。あなたのお越しをお待ちしています。

膝の痛み・変形性膝関節症の
痛みから解放されたら、
このような生活が待っています!
解決1
階段や段差のある場所でも痛くなる心配がなく歩けるようになった
解決2
周りのみんなと同じように正座で座る事が出来るようになった
解決3
長時間の外出を避けていたけど、旅行や運動も出来るようになる
解決4
膝をかばって歩かなくてもよくなり、人の目を気にしないで出掛けられる
解決5
膝の痛みに振り回される事がなくなり老後、歩けなくなる心配がありません
ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!
他の院とは圧倒的に違う
6つの理由
理由1
整体院では珍しい国家資格を保持
ほとんどの整体院の先生がライセンスを持たず、医療知識が乏しいまま施術を行っています。とても危険ですし事故が多いです。人の体に触れるためには必ず専門的な技術と知識が必要です。
理由2
当院独自の必ず原因を明確にする検査法
病院でレントゲン画像を見せられたり、MRI検査などで変形している、軟骨がすり減っている、そんな事をたくさん言われると思います。でも諦めず、膝の痛みにとらわれないで下さい。
大切な事は、なぜ膝がそのような状態になったのか?という根本的な原因です。当院ではその原因を見つけ出す事が可能です。
あなたは原因をしっかり理解できるので今までの不安がなくなり、原因を解消するための方法を知る事が出来ます。
理由3
湿布、痛み止めなど、対処療法は一切行いません
痛み止めの注射、飲み薬などその場しのぎの施術は行いません。
他院では味わう事の出来ない、とても優しい施術で根本的に症状を改善に導くため、本当の原因にアプローチが出来ます。
ほとんどの方が何をされたか分からないうちに体が変化するので驚かれます。体は電気治療、マッサージ、バキバキなどの強い刺激は求めていません。ほんの少しの刺激で十分なのです。
理由4
重度の慢性症状に特化した施術方法
当院の施術方法は症状によってテクニックがあるわけではございません。全ての治し方はあなたの体が知っています。ただ今はあなたがそれに気づいていないだけですので私がすべてお伝えし、あなたの体がして欲しい事だけを行います。
またとても優しい施術ですので事故の心配が全くありません。
理由5
症状が改善した後、自分で自分の体を治せるようになります
残念ながらあなたが当院から一歩出た瞬間から私はあなたをコントロールする事は出来ません。
つまりあなたの自己責任なのです。施術中、あなたには現在の症状を改善する方法のすべてをお伝えします。当院では1番大切にしている事です。あなたには今後、病院や治療院に依存してほしくないからです。
理由6
あなたは手術する事なく、今後毎日を楽しく過ごす事ができるようになります。
原因が明確になり、それによって生活を見直す事が出来ます。症状も改善するだけでなく、また無理をして痛みが出ても自分で治せるのです。