奥田
つながりの杜整体院は整形外科、他院では改善しない慢性症状や外反母趾など足のトラブルに特化した整体院です。

腱鞘炎・バネ指

腱鞘炎が3ヶ月経っても治らない理由とは

更新日:

腱鞘炎ってなぜなるの?

そもそもなぜ腱鞘炎になるのかがとても気になりませんか?

ほとんどの方が手首や肘の使いすぎで腱鞘炎になるって認識していると思います。

ちなみにバネ指も腱鞘炎と同じです。

それが間違いではありませんが、同じ会社で働いている方、そして同じ作業をしていても腱鞘炎になっていない方っていませんか?

必ずいるはずです。

その人が腱鞘炎になりにくい体質というのも少なからずあるかもしれませんが、体質だけが原因ではありません。

本当の原因はあなたの手首や肘の使い方が原因なのです。

理にかなった適切な体の使い方をしていれば腱鞘炎になる確率はかなり減らす事が出来ます。

整形外科で注射を打ってもなかなか腱鞘炎の痛みが治らない理由とは?

3ヶ月以上、症状がひどい方や慢性化してしまった方は、半年、1年以上痛みや炎症が治らないって人もいるのではないでしょうか?

最初にいっておきますね。

注射ではその場しのぎで、一時的に痛みが治ったとしても必ず再発します。

きっとあなたも経験があるのではないでしょうか。

理由は、腱鞘炎になっている部位、肘や手首、親指の付け根が代表的です。その腱鞘炎の部位に負担が蓄積して発症する事はイメージできると思います。

でもその腱鞘炎の部分は結果的に負担がかかっている事に気づいて欲しいのです。

つまり他に何らかの原因があり結果として肘や手首などに負担がかかって腱鞘炎になったという事です。

だから痛い思いをして注射を打っても原因がなくならない限り再発するのです。

腱鞘炎で接骨院に通っているのに症状の改善は見られないのは?

当院も接骨院としても活動しておりますのでその理由をお話しますね。

そもそも接骨院で腱鞘炎の施術は禁止されています。

接骨院の施術では電気療法、超音波治療、患部周囲のマッサージそして最後にテーピングでなないでしょうか?

先ほどの痛み止めの注射と一緒でこれもその場しのぎの治療になります。

これではテーピングをする事で何となく楽な感じはしますが、偶然痛みが引いても根本的な治療ではないので再発します。

では腱鞘炎を改善するためにはどうしたら良いのか?

まず自分の腱鞘炎の原因を把握する事

腱鞘炎といっても人それぞれ症状が違いますし、原因も違います。

大まかな原因は、体を上手く使えていないので、手を使う時に小手先の使い方をしてしまうので、肘や手首、親指など局所的に負担が蓄積して発症するのです。なぜ体を上手く使えないのか?どこを使えてないのか?をしっかり見極めます。

痛みのある箇所ではなく、根本的な原因である箇所を治療する

先ほども説明したように、注射やテーピングといった、痛い部分のその場しのぎの治療ではなく確実に原因に対してアプローチしています。

原因を解消する事で、体の動きに調和が生まれ、自然と正しい使い方ができるようになり、結果として腱鞘炎が改善していくのです。

まとめ

腱鞘炎は痛みや炎症を起こしている場所だけ治療してもすぐに再発します。

腱鞘炎と言っても人によって根本的な原因が違います。

体を全体的に捉えて治療する必要があります。

もし腱鞘炎でどこに通ってもなかなか良くならない場合は、ご相談くださいね。

当院の施術を受けて「明るい未来を得られた」お客様の声をぜひみてください

お客様の声
患者様の声

つながりの杜整体院で頂いた、お客様の声ページです。

続きを見る

ホームページ限定のお試しキャンペーン

奥田
月初に予約が立て込むのでお早めに!
2020年3月は5名 → 残り1名になりました。

 

【お知らせ】

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、

LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。

LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので

是非、ご登録して下さいね。

その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

友だち追加

パソコンの方はこちらのQRコードをスマホなどで読み取って下さいね!

 

-腱鞘炎・バネ指

Copyright© つながりの杜整体院・かみえど接骨院 , 2020 All Rights Reserved.