奥田
つながりの杜整体院は整形外科、他院では改善しない慢性症状や外反母趾など足のトラブルに特化した整体院です。

肘と手指の痛み

手首の痛み(TFCC損傷)【症例紹介】

こんにちは

つながりの杜整体院・かみえど接骨院の院長、奥田です。

本日の症例紹介は、TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)についてです。

ちょっと難しい傷病名でお伝えしましたが、簡単にいうと、手首の小指側を痛めたって事です。その小指側に三角の形をした繊維軟骨があり、その軟骨が傷ついたって事です。

ウチの院で多いのは野球少年と手首を使った作業が多い建築系のお仕事や工場で働いている方ですね。ほとんどが男性に発症しやすいです。

女性の場合は、長時間のパソコン業務をしている方が時々なります。

男性が多い理由は力があるし、関節が硬いからだと思われます。

今回のTFCC損傷で関市からご来院されたクライアント様は、野球の強豪高校に行っている男の子です。

知り合いに聞いて色々な治療院、接骨院、整形外科に行っても手首が治らないという事で、今回、クライアント様のご家族がネットで当院を見つけて、ご来院になりました。

今まで他の院でどのような施術を受けていたのか?整形外科ではどのような治療をしていたのか?を聞いたところ

手首周囲の電気療法、マッサージ、アイシング、整形外科では湿布、塗り薬の処方のみでした。

ありがちのパターンですね。

これでは手首の痛みを根本的に改善させるのはとても難しいです。

手首の損傷は、慢性化、癖になりやすいので早期治療開始がとても重要です。

今回も男の子は手首までの体の連動が全くできておらず、使えていない箇所を施術し、体の調和を元通りに戻しました。

その状態を自分自身で維持できるようにセルフケアもしっかり教え、

さすが若い事もあり、ハードな練習をしながらでも、1ヶ月もしないうちに症状は回復しました。

どこか痛みが出ると、どうしても意識がそっちに向いてしまい、本来の体の状況が分からなくなってしまいます。

これはクライアント様だけでなく、治療をする側も一緒です。

もし現在、ずっと治療を受けているのに、なかなか症状が改善しないという方はご相談してくださいね。

当院の施術を受けて「明るい未来を得られた」お客様の声をぜひみてください

お客様の声
患者様の声

つながりの杜整体院で頂いた、お客様の声ページです。

続きを見る

ホームページ限定のお試しキャンペーン

奥田
月初に予約が立て込むのでお早めに!
2022年7月は5名 → 残り1名になりました。

 

【お知らせ】

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、

LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。

LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので

是非、ご登録して下さいね。

その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

友だち追加

パソコンの方はこちらのQRコードをスマホなどで読み取って下さいね!

 

-肘と手指の痛み

© 2022 つながりの杜整体院・かみえど接骨院